宇宙的伝承とのアクセスポイント

宇宙や神話、伝承の情報をまとめていくブログ


時を司る三女神とは

三女神

サモンズボードにて

初ガチャシリーズとして登場した三女神。

"ウルズ""ヴェルダンディ""スクルド"

f:id:sikaoto:20150914164248j:plain

 

後にそれぞれが、

"過去を守るもの""現在を持つもの""未来を視るもの"として

ノーマルダンジョンに追加されました。

その後に光と闇のフーガというダンジョンで、

"運命神ルーメン""運命神ノクス"に進化する、

"光属性ノルン""闇属性ノルン"が追加されました。

 

運命の女神

『ノルン』というのは、

北欧神話に登場する運命の女神の事を言う。

複数形では『ノルニル』

ノルンは北欧神話においてさまざまな血統の人々の運命を支配する多数の女性的存在

ディース(豊穣・運命や戦いを司る霊的存在の一種。黒いベールを着た乙女戦士の姿が特徴)

の1種である。

いわゆるエルフと言われる『アールヴ族』

ドワーフと言われる『ドヴェルグ族』

北欧神話における最高神オーディンを長とする神々の系統の『アース族』の者も存在する。

 

人が生まれたときその人の将来を予め定めるために、

多くの他のノルニルがその場に到着するとされる。

ノルニルには悪意あるノルニル善意のノルニルがおり、

後者がいわゆる守護女神である一方で、

前者は世界中にすべての悪意と悲惨な出来事をもたらしたという。

そのため利益損失両方をノルニルが運んで来ると言い伝えられてきた。

 

 

一般でノルニルとは、

『古エッダ』『巫女の予言』の解説によると最も重要視された3柱、

巨人族の3姉妹ともされる、

長女ウルズ次女ヴェルザンディ三女スクルドの事を意味する場合が多い。

f:id:sikaoto:20150914164247j:plain

スクルドはワルキューレの一人であったとされる。

彼女達は

ヨトゥンヘイム(「ヨトゥン」と呼ばれる霜の巨人族と丘の巨人族が住む国)

からやって来て、

世界樹ユグドラシルの根元にあるウルザルブルン(「ウルズの泉」)のほとりに住み

ユグドラシルに泉の水をかけて育てていた。

それが結果的に神々の黄金時代(アースガルズの黄金時代)を終わらせたとされる。

 

名前からの語源

ウルズ(Urðr、Wyrd、Weird)という名前が、

「運命(fate)」または単に「未来(future)」を意味する。

ヴェルザンディ(Verðandi)は、

古ノルド語の単語で「~になる(to become)」という意味の動詞「verða」からの派生。

スクルド(Skuld)は動詞「~だろう(shall)」に関連する。

 

過去を司るウルズ、現在を司るヴェルザンディ、未来を司るスクルド

という解釈が一般的であるが、その根拠は北欧神話にはない

むしろ名前を語源とするならば、全員『未来を司る女神』である。

 

3柱の主要なノルニルがいるという考え方は、

ギリシア神話・ローマ神話において同様に「運命の糸」を紡いでいる

『運命の女神モイライ・パルカイ(Parcae)』が、

後世に及ぼした影響である可能性がある。

f:id:sikaoto:20150914164249j:plain

ノルン(norn)の名の起源は確かではないが、

ノルンという名は「編む(to twine)」という意味の単語に由来している可能性がある。 

上記の女神は3姉妹に分かれたとされ、

彼女らが運命の糸を編んでいるとされることにも当てはまるだろう

 

 


以上が三女神についての主な内容。

ワルキューレとノルニル自体が同一視される事もあるため、

ワルキューレであるスクルドと、

ノルニルのスクルドが同一ではないとされる説などもあり、

諸説は様々な様です。

 

 

 

広告を非表示にする