宇宙的伝承とのアクセスポイント

宇宙や神話、伝承の情報をまとめていくブログ


四方角を司る四神とは

四神

f:id:sikaoto:20150916005930j:plain

サモンズボードのガチャ第二弾の聖獣シリーズ。

このシリーズの"青竜""朱雀""白虎""玄武""麒麟"についてです。

 

四神(しじん)とは

中国の神話で天の四方の方角(東西南北)を司る霊獣です。

霊獣とは神話伝説でこの世の動物達の長だと考えられた特別な4つの瑞獣。

四神以外にも瑞獣には鳳凰・鸞・麒麟・竜・霊亀・獬豸・九尾の狐

四獣(しじゅう)、四象(ししょう)ともいいます。

 

東の青竜(せいりゅう)南の朱雀(すざく)西の白虎(びゃっこ)北の玄武(げんぶ)である。

五行説にも中央に"黄竜"書籍によっては麒麟を据える場合も)を加え、

数を合わせた上で取り入れられています。

また、瑞獣の四霊(麒麟・鳳凰・霊亀・応竜)を四神と呼ぶこともある。

 

四神にはそれぞれが司る方位、季節、象徴する色があります。

青竜:東。春。緑(青)。

朱雀:南。夏。赤(朱)。

白虎:西。秋。白。

玄武:北。冬。黒(玄)。

黄竜:中央。土用。黄。

 

 

青竜

f:id:sikaoto:20150916005932j:plain

青竜(せいりゅう、せいりょう、拼音: qīnglóng チンロン)。

東方青竜。

蒼竜(そうりゅう)ともいわれる。

 

現代日本語では青は英語で言うブルーを意味することが多いが、

「青」の原義は青山(せいざん)・青林(せいりん)のように緑色植物の色であり、

本来は緑色をしているとされる。

 

東方を守護する。

長い舌を出した竜の形とされる。

青は五行説では東方の色とされる。

中国三大宗教の一つである道教における人格神化した名前では、

東海青龍王敖広と呼ばれる。

秩父神社の「つなぎの龍」が青龍である。

 

俳句において春の季語である

「青帝(せいてい)」・「蒼帝(そうてい)」・「東帝」と同義であり、

春(東・青)の象徴である

 

 

朱雀

f:id:sikaoto:20150916005931j:plain

朱雀(すざく、すじゃく、しゅじゃく、拼音: zhūquè チューチュエ)。

南方朱雀。

朱は赤であり、五行説では南方の色とされる。

 

南方を守護する。

翼を広げた鳳凰様の鳥形で表される。

鳳凰、不死鳥、フェニックス、インド神話に登場するガルーダ等と同一起源とする説

あり、

これらと同一視されることもあり、類似が指摘されることもあるため、

間違われることもある。

 

俳句において夏の季語である

「炎帝」・「赤帝」と同義であり、

夏(南・朱)の象徴である。

 

 

白虎

f:id:sikaoto:20150916005934j:plain

白虎(びゃっこ、拼音: báihŭ パイフー)。

西方白虎。

白は、五行説では西方の色とされる。

 

西方を守護する。

細長い体をした白い虎の形をしている。

また、四神の中では最も高齢の存在であるとも言われる。

逆に、最も若いという説もある)

 

俳句において秋の季語である「白帝」と同義であり、

秋(西・白)の象徴である。

 

 

玄武

f:id:sikaoto:20150916005936j:plain

玄武(げんぶ、拼音: xuánwŭ ショワンウー)。

北の星宿の神格化。玄天上帝ともいう。

北方玄武。

玄とは黒を意味し、五行説では北方の色とされる。

 

北方を守護する。

脚の長い亀に蛇が巻き付いた形で描かれることが多い。

尾が蛇となっている場合もある)。

ただし玄天上帝としては黒服の男性の姿で描かれる。

 

俳句において冬の季語である

「冬帝」・「玄帝」と同義であり、

冬(北・玄)の象徴である。

なお、冬のことを「玄冬」ともいう。

 

 

麒麟

f:id:sikaoto:20150916005933j:plain

麒麟(きりん、拼音: qílín チーリン)。

獣類の長とされ、これは鳥類の長たる鳳凰と比せられ、

しばしば対に扱われます。

ただし『淮南子』によれば、麒麟は諸獣を生んだのに対し、

鳳凰は鸞鳥を生み鸞鳥が諸鳥を生んだとされているため、

麒麟と対応するのは正確には鳳凰より生まれた鸞鳥となっている。

 

形は鹿に似て大きく背丈は5mあり、顔は龍に似て、牛の尾と馬の蹄をもち、

麒角、中の一角生肉である。

背毛は五色に彩られ毛は黄色く、身体には鱗があるとされる。

基本的には一本角だが、二本角もしくは角の無い姿で描かれる例も。

 

神聖な幻の動物と考えられており、1000年を生き、

その鳴声は音階に一致し、歩いた跡は正確な円になり、曲がる時は直角に曲がるとい

う。

また、動物を捕らえるための罠にかけることはできない。

麒麟を傷つけたり、死骸に出くわしたりするのは、不吉なこととされている。

 

時代によっては麒麟ではなく、

「麟」の1字で表されることが多かったが、「麒」も稀に使われた。

オスを「麒」、メスを「麟」と呼ぶようにもなった。

ただし、この雌雄を逆にしている事もあった模様。

 

麒麟にはいくつか種類があると言われ、

青い物を聳弧(しょうこ)赤い物を炎駒(えんく)

白い物を索冥(さくめい)黒い物を角端(かくたん)

黄色い物を麒麟と言う。

 

 

黄龍

f:id:sikaoto:20150916005935j:plain

黄竜(こうりゅう、おうりゅう、繁体字:黃龍、簡体字:黄龙、ピン音:huánglóng、

イェール式広東語:wong4 lung4、ファンロン、ホワンロン)。

中国の伝承や五行思想に現れる黄色の竜。

黄金に輝く竜であると言う異説もある。

 

四神の中心的存在、または、四神の長とも呼ばれている。

四神が東西南北の守護獣なのに対し、中央を守るとされる。

五行説で黄は土行であり、土行に割り当てられた方角は中央。

十二天将勾陣(こうちん)と同一視・混同されることもある。

十二天将勾陣とは安倍晴明をはじめとした陰陽師の占術での神の中の辰

 

中国では瑞獣の出現を記念して改元を行うことがあるが、

黄竜が出現したというので「黄龍」と改元されたこともあった。

日本でも黄竜はめでたい獣とされており、

宇多天皇(887年即位)のときに黄竜が出現したといわれている。

 

黄竜は皇帝の権威を象徴する竜とされたが、

後に麒麟と置き換えられたり、

同一視されるようになった。

 

 


以上が聖獣とされてた、

四神についての情報。

麒麟が四神とは違うという事は方角を司っていないので分かっていましたが、

黄竜も四神(5だけど)に含まれていたとは。

広告を非表示にする